• ONSALO

オンラインサロン「ONSALO」開設方法〜ステップ1.サロン開設にエントリーしよう!

オンラインサロンを開設するための申込方法について説明していきます。

#オンラインサロン #ONSALO #オンサロ


サロン開設の申請へ

先ずはオンラインサロンサービス「ONSALO(オンサロ)」のサイト(https://www.onsalo.co.jp/)内「サロンを開設したい方」から「サロンを開設する」をクリックします。

クリック後、「オンライン申し込みフォーム」のページから、申し込み内容を入力していきましょう!


代表者の情報を入力する

開設される代表者の情報を入力していきます!

・法人or個人

・法人担当者名or個人指名

・法人名(任意)

・役職、部署名(任意)

など サロン開設に必要な情報を入力して進んでください。


ここで重要なのが、サロンオーナーになるにはFacebookの情報が必要ということです! オンラインサロンサービス「ONSALO(オンサロ)」内のサロンはFacebook内グループにより運営を行います。よって、サロンオーナーとメンバーはFacebookのアカウントが必要となります。


なぜ?今更Facebookなの? と疑問に思われる方も多いと思います。

SNSには、TwitterやInstagramなど、人気のあるSNSは多数あります。そして残念ながらFacebookは若者には人気がありません。

でも、殆どのオンラインサロンはFacebookを活用しています。

その理由は、個人が特定できる!原則として匿名ではなく実名を基本とするSNSだからです。


オンラインサロンは、有料サービスです。お金を払ってもサロンに加入したい本当のファンが集まるグループです。その利点の1つに、炎上が起きにくいことがあります。

匿名のサービスの場合、炎上させるようなアンチユーザーがオーナーへの誹謗中傷を公然で展開し問題になるケースが多数あります。

これが、有料であり且つ実名であることで殆どが本当のファンでありアンチがいません。

そのことで炎上や誹謗中傷は激減します。

このオーナー保護と健全な有料サロンの秩序を守るためにFacebookを活用しています。


・Facebookログインメールアドレス

・上記フェイスブックアカウントのユーザー名

これらをFacebookを開いて確認をし入力してください! Facebookの記載場所は、こちらを参考にしてみてください。

https://www.onsalo.co.jp/manual-toroku


Facebookを持っていない方は、Facebookへ新規登録をし、登録した情報を入力しましょう!


サロンの設定や条件を決める

次に、開設したいサロンについて情報を入れていきます。



サロン名は、ユーザーが分かりやすい名前を考えましょう! 自分の名前やサロンが行うビジョン、ジャンルや目的など、

誰のサロンか、どんなことが展開されるのかなどが連想される名前が一番良いでしょう。

サロンの説明は、とても大事な内容になります!

先ずは、読んでくれている方へ自己紹介をしましょう!

どんな人がサロンオーナーなのかを知ってもらい興味を持ってもらう必要があります。

出来るだけ具体的に書いてください。

そして、もちろんどんなサロンなのか? サロンに加入したらどんなメリットがあるのか? サロンでやって見たいこと、目的などを自由にアピールしていきましょう!


これら内容は、開設後にオンラインサロンサービス「ONSALO(オンサロ)」のサロン詳細ページに記載されることなります。




他にも月額会費、各段階のメンバー予測数の設定を決めていきます。

各項目を入力した後、「内容を確認する」を押し、入力内容を確認します。

申請ボタンを押し、無事にオンラインサロンのエントリーが完了!となります。

エントリー後、登録したメールアドレス宛にONSALO【サロンオーナー申請完了】メールが届きます。



約1週間前後に審査結果が届きますので、メールの確認をしてください。

次は、サロン開設の審査が通った後、ステップ2:サロン情報を追加しよう について説明していきます! #オンラインサロン#ONSALO#オンサロ

0回の閲覧

© 2020 DETAIL40