【後編】ONSALOの社長が「オンラインサロン」を徹底的に語る
ONSALO
2021年3月28日(日曜日)

この記事は、オンラインサロン運営サイト「ONSALO(オンサロ)」の運営会社である株式会社DETAIL40の代表取締役CEO坪井大輔氏が、「オンラインサロン」や「ONSALOの取り組み」について解説した動画を記事にしたものです。

動画、記事、お好きな方をご覧ください。

YouTube「ONSALOの全てを解説!」より

▶︎スピーカー
株式会社DETAIL40 代表取締役CEO ​坪井大輔
INDETAIL代表取締役CEO / 北海道科学大学客員教授 / ​MBAホルダー


【前編】はこちらから

ONSALOの特徴

1. ONSALOではメンバーのお金が必ず寄付される

そこで我々が作ったオンラインサロンサイト「ONSALO(オンサロ)」では、メンバーのお金は必ず寄付されるという仕組みになっています。そのため、メンバーのお金は基本的に「オーナーを応援する」+「社会を応援する」ということになっています。

2. 感謝の気持ちを表すコイン制度

もう一つ、私たちはコアなファンの方々に対して、オーナーさんの「感謝の気持ち」を還元しなくてはいけないと思っています。この仕組みが我々のオンサロにはあります。

それは、「限定のコイン」をサロンオーナーさんが発行することができるようになっていることです。

ファンの方に応援してもらって月額でお金を頂いているので、オーナーは感謝の気持ちとしてコインを発行することができ、メンバーはそのコインを集めれば「特別な何か」と交換できる、というサービスがついてるのがオンサロの特徴です。

コインを集めたら、一般の方は買えないものを買えたり、普段握手できない・写真を撮れない人と握手できたり・写真を撮れたりとリターンが用意されています。

3. 限定コインをもらえる仕組みで、サロン内は活発化する

先ほど、「積極的なメンバーと積極的ではないメンバーには差がない」という話をしましたが、この仕組みによって「多くのコインをもらったら俺は活発的で認められているんだ!」というような優越感を得ることができるので、サロン内で熱狂が生まれやすくなります。

これが我々のサービス(ONSALO)の特徴です。

他者との違い

ここで他社さんである「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」さんと「DMM オンラインサロン」さん、我々が運営している「ONSALO(オンサロ)」を比較してみたいと思います。

1. 「CAMPFIRE」の特徴

「CAMPFIRE(キャンプファイアー)」は、基本的にクラウドファンディングを行う会社・サービスになります。

クラウドファンディングは、例えば何かのイベントに対して「100万、1000万集めます!」というように1回にいくらか集めて行います。それに対してオンラインサロンは1回のイベントにいくら、ではなく「月額で資金調達をして何かをやります」となります。

そのため、基本的にはクラウドファンディングの延長線上で、目的は「何かをしたいからいくらかお金をください」という「調達」になっています。

2. 『DMMオンラインサロン』の特徴

「DMMオンラインサロン」は、月額会費制で、運営手数料が20%です。

また、オーナー向けのメリットが非常に多いです。例えば東京にあるDMMさんの会議室を無料で使えるなど。僕らの本社は札幌にあり、メンバーさんが東京とは限らないので、実はそのメリットを平等に享受できるメリットはないという状態です。

3. ONSALO(オンサロ)の特徴

我々の『ONSALO(オンサロ)』は、基本的に「応援資金」「寄付」をベースにお金を頂いているので、目的が他のサービスとは少し異なります。

あとは先ほど説明したように、オンサロでは「 感謝の気持ちを可視化して、コインやリターンで分配することができる」という仕組みがあるので、一方的にオーナーさんがお金をもらっている「金儲け」みたいなイメージがないのが特徴です。

また、個人でも開設できますし、法人契約もできます。多くの企業さんがオンラインサロンを使ってファンを集めたり、様々なマーケティングに活用するということも提案させて頂いてるのが特徴です。

なのでONSALO(オンサロ)は、他のサービスと同じように月額初期費全て無料で始めることができて、無料でオンラインサロン内にコインを発行することができます。

クローズドなので炎上リスクも少ない上に、コインがあることによってファンの熱量を最大化できる。コミュニティを作ることによって、法人契約も含めて B to B のマーケティングに生かせる、というのが特徴になっています。

サロン内で使える「限定コイン」の仕組み

上の画像は、「コインを配布する」というものをイメージ化したものです。

Facebook 上に秘密(非公開の)グループを作って、オーナーさんが投稿して発信します。それに対して Facebook の「超いいね!」ボタンを押すと、オーナーさんからメンバーさんにコインが発行されます。

そのコインというのは、「オンサロアプリ」というアプリを別に用意していて、そのアプリ内で「コインがいくら貯まってるか」を見ることができます。ネットショッピングのようにになっているので、「コインが5枚貯まったら握手券が買えます」のようなものも表示されています。

つまり、集まったコインと「何が買えるか?」を見ながら特典を買っていくシステムが用意されている、ということです。

また、オーナーさんから発行されたコインはメンバー同士で共有できたり、送り合うことができる特徴もあります。

オンサロの特徴である「寄付」の仕組み

しつこいようですが、メンバーさんからの月額の合計の一部は、感謝の気持ちとして寄付させていただきます。

まだこの資料には2団体しかありませんが、今後10団体ぐらいの団体先に寄付をしていくということで進めていきます。

ONSALOのホームページのサロン一覧には、「このサロンは○○%寄付します」と全て明記されていますので、寄付団体も含めて「どのサロンに入ろうか」を考えていただいても良いかなと思います。

最後に

先程話しましたように、個人で直接オンラインサロンに申し込むことも出来ますし、法人契約をして法人の下に多くのサロンを持つこともできます。それを使ってマーケティングすることもできます。

様々な用途でONSALOの活用ができますので、是非ご検討いただければと思います。これが我々が手掛ける「あなただけの応援コミュニティONSALO」になります。よろしくお願いします 。


関連した記事