社会還元を実現するための「寄付」の仕組みとは?【ONSALO/徹底解説】
ONSALO
2021年3月23日(火曜日)

当ブログを運営しているオンラインサロン運営サイト「ONSALO(オンサロ)」には、「持続可能な社会や相互扶助の実現」を目指するために、他のオンラインサロンサイトにはない特徴がいくつかあります。

その一つが、メンバーの月額会費(オーナーの売上)の一部が必ず寄付されるという仕組みです。

これにより、ONSALOのサロンに入会するだけで、メンバーはオーナーを応援することができるだけでなく、「社会を応援する」ことにもなります。

今回はその「寄付」の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

どこに寄付されるの?

2021年3月時点での寄付先は以下の2団体です。これらの団体に、我々ONSALO(株式会社DATAIL40)が各オンラインサロンから寄付金を集め、寄付します。

独立行政法人 日本学生支援機構

赤い羽根共同募金

寄付の金額はどうやって決まるの?

各サロンによってメンバーの数、月額会費、寄付割合が異なるため、各サロン毎に計算する必要があります。(寄付割合は、サロンオーナーがサロン開設時に1〜100%の中から決めることができます。)

そのため寄付される金額の合計は、まず、各サロンごとに

[メンバーの月額会費の合計]×[サロンオーナーがサロン開設時に決めた寄付割合]

を求め、全てのサロンの金額を合計した額となります。

例)以下の条件のサロンの場合は、毎月2,000円がこちらのサロンから寄付されます。
ーーーーーーーーー
・月額:2,000円
・参加人数:20人
・寄付割合:5%
(※無料トライアル期間は除く)
ーーーーーーーーー
→ 2,000円 × 20人 × 5% = 2,000円

寄付されるまでの流れは?

① 月の初めに、サロンメンバーの月額会費の合計が、一旦、オンラインサロン運営サイトONSALO(株式会社DETAIL40)に入金されます。

② DETAIL40が運営費(20%)を頂戴し、寄付額を計算して寄付します。

③ オーナーには月額会費の合計から、運営費と寄付額を引いた金額が振り込まれます。


先程の例の場合、以下のようになります。
ーーーーーーーーー
・月額:2,000円
・参加人数:20人
・寄付割合:5%
(※無料トライアル期間は除く)
ーーーーーーーーー

・月額会費の合計:2,000円 × 20人 = 40,000円
・運営費:40,000円 × 20% = 8,000円
・寄付額:40,000円 × 5% = 2,000円
・オーナーへ振り込まれる金額:40,000円 – 8,000円 – 2,000円  = 30,000円

各サロンの寄付割合の確認方法

各サロンの寄付割合は、以下の手順を踏むことでどなたでも確認することができます。

  • 1. ONSALO(オンサロ)の公式ホームページに移動します。

  • 2. [サロン一覧]を押します。

  • 3. 気になるサロンを選び、[詳しくみる]を押します。

  • 4. 下の画像の[利用規約に同意する]チェックを入れ、[サロンに入会する]を押します。(※この時点では入会したことになりませんので、ご安心ください。)

  • 5. こちらのサロンの場合は、(寄付率:5%)とわかります。

最後に

今までのオンラインサロンは、メンバーから月額費用を頂き、オーナーが発信することをリターンとすることで成り立たせていました。

この従来の仕組みに対して、ONSALOではコイン発行の仕組みと寄付の仕組みを構築し、メンバーへより多くのリターンを提供することを可能としました。私たちは持続可能な社会や相互扶助の実現に向け、引き続き活動して参りますので、ご協力のほどよろしくお願い致します。

  

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

ご不明点などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。


関連した記事