オンラインサロンの特徴〜オンサロの社長が語る〜#2/7
ONSALO
2020年8月27日(木曜日)
#オンサロの社長が語る

の記事は、オンラインサロン掲載サイト「ONSALO(オンサロ)」の運営会社である株式会社DETAIL40の代表取締役CEO坪井大輔氏が、ONSALO(オンサロ)について解説した動画を記事にしたものです。

動画、記事のお好きな方でご覧ください。

(YouTube『ONSALOの全てを解説!』より)

▶︎スピーカー
株式会社DETAIL40 代表取締役CEO ​坪井大輔(INDETAIL代表取締役CEO / 北海道科学大学客員教授 / ​MBAホルダー)

オンラインサロンの特徴

坪井大輔:ここからは、オンラインサロンが多くの人から受け入れられるようになった要素を紹介していきます。

1.ファンクラブのように優越感や特別感を得ることができる

まず、なぜ「ファンクラブ」にはみんな入っていたのでしょうか?それはファンであるという証明を得るためです。

例えばコンサートに行ったとき、ファンクラブに入っているから特別な何かを得られたり、ファンクラブに入っているから良い席に座れたりするように、ファンクラブに入っていることによって “優越感” や “特別感” を得ることができるのがファンクラブの特徴でした。

2.ブログのように憧れの人物の裏側を見れる

もう一つはBlog(ブログ)です。ブログというのは日記のことで、主に有名人や著名人、タレントさんなどが発信しています。ブログで発信している内容は、実は僕らが見ることができなかった「裏側の話」や「自宅公開」、「すっぴんを公開する」、「自分の好きな趣味」などです。

このブログを見ることで、「こんな人になりたい」、「あんな人になりたい」といった “目標” の人物像について明確に知ることができるので、目標の対象としてブログを見ているっていうのが一つです。

3.ファン同士繋がっているSNSで社会的欲求や承認欲求を得られる

ブログっていうのは、(目標とする人物)一人に対して一人が見に行くだけでしたけど、SNSではファン同士が繋がり合う環境を作れるようになりました。いわゆる『コミュニティ』ですね。

なので、同じ憧れや目標を持った人同士が繋がることができるのがSNSで、SNSから得られるものは “社会的欲求”・”承認欲求” と言われるものですね。

最近は仕事をしながら社会的欲求・承認欲求を得れないので、仕事はあくまでも対価を得るもので、SNSの世界において承認欲求・社会的欲求を同じ目的や憧れを持ったコミュニティで得るっていうことをしています。

特徴のまとめ

オンラインサロンっていうのは、“特別感” とか “優越感”“憧れ”“目標”“社会的欲求”“承認欲求” が、一つのサービスで満たすことができる、ということが特徴になっています。

なので今オンラインサロンっていうのは多くの人が加入し始めて、急拡大しているということになります。

オンラインサロンが新しく登場したことによって、ファンクラブというものが明確に新しいサービス市場として確立されていく。まさにオンラインサロンはファンクラブがアップグレードしたようなものと思っていただけばいいと思います。
ですから「最新のファンクラブ」=「オンラインサロン」っていう認識を持っていただきたいと思います。

どんなオンラインサロンがあるのか気になる方、オンラインサロンを運営してみたい方はぜひご覧ください。
 ➡︎ ONSALO(オンサロ)(www.onsalo.co.jp


関連した記事