なぜ、いま「オンラインサロン」が人気なのか?
ONSALO
2020年8月16日(日曜日)
#オンサロ

今回は、オンラインサロンが人気の理由を、過去記事『オンラインサロンに参加するメリット・デメリット』でも紹介した2つのメリットを基にご説明していきます。

2つのメリット

  1. 有益な情報を獲得できる
  2. 同じ趣味嗜好の人と繋がれる(人脈ができる)

オンラインサロンが人気な理由は、結論としては、今の時代” に合ったサービスだからです。それでは、ここで言う “今の時代” を整理しつつ、オンラインサロンの2つのメリットと照らし合わせて見ていきましょう。

(「オンラインサロンってそもそもなに?」という方はこちらの記事をご覧ください。
 ➡︎ 【簡単解説】『オンラインサロン』ってなに?

情報過多の時代で、欲しい情報を手に入れることができるから

今の時代、スマホ一台でいつでもどこでもどなたでも様々な情報を獲得することができ、自分から自由に情報を発信することもできます。それゆえ、いまこの瞬間もネットには様々な情報が増え続けています。

また、それら情報を得る方法も増えてきています。これまではGoogleやYahoo!などの検索エンジンで知りたいことを直接入力して情報を得ることが主流でしたが、最近では文章や画像だけではわかりにくい場合はYouTubeで動画検索をしたり、TwitterやInstagramなどのSNS上からの検索(ハッシュタグ検索)をしたりすることもあります。

つまり、情報が溢れているというだけでなく、情報の “形”(文章・画像 → 動画) も変化しており、その情報を得る “方法・手段” も多様化してきています。情報過多で疲弊してしまう人やSNS疲れでSNSから身を引く人もいるほどです。

そういった中、『オンラインサロン』は一つの解決策となっています。”有料” かつ ”共通のテーマ性” を持った人たちが集まったオンラインサロンでは、ネットに出回っていない濃い情報が落ちているだけでなく、自分が知りたいことをそのコミュニティ内で投稿することで、その分野に詳しい人たちの回答を直接頂けたりもします。

それゆえ、自分が知りたいと思ったことをGoogle等で検索して、嘘か本当かわからない膨大な情報の中から欲しい情報だけを選別して得る、という手間が省けるとともに、自分が本当に欲しい情報を得る事ができます。

例えば、動画制作に関するオンラインサロンがあったとします。

動画制作に関しては、いまの時代、調べればいくらでもやり方は出てきます。YouTube上にも丁寧に解説したチュートリアル動画がたくさんあります。しかし、進めていくうちに「同じようにやってるけど画面が違う、、どうやってやるんだろう」など私的な問題にぶつかったとします。

そこで、検索してすぐに解決策を見つけることができればいいのですが、オンラインサロンに動画制作の経験者がいれば、質問すればすぐに答えが返ってきたり、プラスαで効率的に編集できる方法も教えてもらえるかもしれません。

これは、オンラインサロンのメリットの一つ、「1. 有益な情報を獲得できる」と照らし合わせると、「この情報過多時代で自分が欲しい確かな情報を得ることができる」と言うことができます。

有料にすることで、本当に繋がりたい人と繋がれるから

スマホの普及に伴い、SNS人口も増加したことで、誰とでも容易に繋がることができる時代になりました。

スマホが普及する前は、ネット掲示板やEメール等のネットを介したコミュニケーションツールはあったものの、基本的には自分の友達や家族、その他所属しているコミュニティ(部活動やサークル、習い事、職場など)との関係が生活のメインでした。

しかし今では、ネットを介して「友達の友達」や「共通の趣味の人」、「興味のある人」と無料で簡単に繋がることができます。

例えば、本を読んでいて「この著者の考え方をもっと知りたい」と思えば、その著者がSNSをやっていればフォローしてその人の個人的な発信を簡単に見ることができます。

しかし、SNS含め “無料” の繋がり(コミュニティ)は、様々な目的の人がとりあえずで集まっていたり、相手を尊重しないコメントで荒れてしまう、など無料がゆえに生じてしまうトラブルも多々あります。

オンラインサロンは、月額会員制のコミュニティなので、有料というだけでなく、自分の個人情報等を入力して「入会」という手続きも踏む必要があります。

そのため、ただ荒らしたいような人はお金を払い、手続きをしてまで参加することはほぼなく、環境としては良好と言えます。

さらに各オンラインサロンにはテーマ性があるので、同じ趣味嗜好で、かつ意欲的な人と繋がれるというわけです。

まとめ

上で説明した2点のほか、「個人よりもコミュニティに所属した(チームを組んだ)ほうが学べるものが多く、こなせる仕事の規模も大きい」や「今までは自分が働いている会社としか繋がりがない、というのが普通だったが、オンラインにコミュニティがあることで、距離や時間が関係なく、様々なコミュニティに入って自分を磨くことができる」など人気な理由は多岐に渡ります。

オンラインサロンは、“1人1サロンしか参加できない” というルールはありません。
「大学・会社以外の人と新しいつながりを作ってみたい」「同じ毎日に新しい刺激が欲しい」という人は、一度運営サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

どんなオンラインサロンがあるのか気になる方、オンラインサロンを運営してみたい方はぜひご覧ください。
 ➡︎ONSALO(www.onsalo.co.jp


関連した記事